ブログ

「TWO-SOUL レター」や「LINE@アカウントの記事」の内容などを抜粋して掲載いたします。

投稿

2019年06月25日
Singing in The Rain
2019年04月08日
出張演奏(名古屋)
2019年03月08日
淡路島でのライブ
2019年02月27日
録音とボール遊び
2019年02月27日
プラトンの「饗宴」
2019年02月10日
サイトリニューアル
2019年01月30日
出張演奏
2019年01月21日
LINE@開設
2019年01月15日
Happy New Year
2018年11月16日
1才の誕生日
2018年07月30日
2018年03月23日
2017年12月06日
出産しました
2016年10月05日
鳥取の宿
2016年08月19日
花火
2016年04月25日
御室桜
2015年12月05日
勝尾寺・千本本陣
2015年09月16日
砥峰高原
2014年07月07日
天川村

新着記事

Singing in The Rain

親愛なるみなさまへ(╹◡╹)
心をこめて、
今日も感謝いっぱいです☆

♪〜I'm singing in the rain〜♪
雨降る日が、多くなる季節ですね。

実はフィリピンも6月から雨季☆
さらに、スコールが多くなります。

島の子供たちにとって、
スコールは、シャワー代わり☆、
楽しくてバシャバシャ、大はしゃぎ♪

今は、お腹ぴーぴー君ですが(^_^)
可愛い雨靴とカッパを着せて、

今度、パパも一緒にみんなで
バシャバシャしてみようかな〜☆

☆雨の休日、
どんな風に楽しんでいらしゃいますか♪
また私たちにも、教えてくださいね。

「大きなカートとぼく♪」
壱紀(一歳7ヵ月)の動画です☆笑〜

2019年06月25日|:TWO-SOULレター

出張演奏(名古屋)


4/2出張演奏。
名古屋で某ジュエリー店の社長さまの
ご還暦パーティーに出演させて頂きました。

前日の朝から出発して、
名古屋を観光、子供(いいちゃん)も一緒に一泊。

犬山城でお花見、桃太郎神社に行ったり、
名物の山ちゃん手羽先も体験して
噂通り美味しいのですね。

当日は子供を託児所に預けに行きました。

豪華なパーティーではノリのいいお客さま方皆さまが
曲に合わせてダンスして下さったり、
可愛いハート柄の赤のスーツがよくお似合いの
社長さまにもダンスをして頂けて、
キラキラ優雅なパーティーが、
更に大盛り上がりでした。
​​



2019年04月08日|:TWO-SOULブログ

淡路島でのライブ

皆さまこんにちは、いつもありがとうございます☆

先日3月2日に淡路島の尾崎というところに出張演奏に行ってまいりました。
尾崎ガーデンズという地域の方々が集まる憩いの場での演奏でした♪

光栄なことに☆神戸新聞様に取材もしていただけて、
3月7日にこのような記事を掲載していただきました。


当日は息子の壱紀(いつき)もステージ上で、ベビーカーに乗り、
お昼寝タイムをしていました。

お姉さん方にも助けていただいて、途中で、
泣き出した息子をみて頂いたりしつつ私達も楽しく歌わせて頂きました。

♪ふるさと ♪今日の日はさようならを一緒に合唱したりもしました。
皆さんの声が会場中に温かく響いて、

淡路島や尾崎の地域の温かな繋がりをこれからも大切にしていきたい☆
という、皆さんの故郷への愛を感じて心にジーンと、感動しました。

ご来場の皆さまからは、沢山のライブの感想も頂きました。
皆さまに喜んで頂けて、嬉しいです♪


私たちは、ドライブが好きなので、帰りにオアシスというSAに立ち寄り、
明石海峡大橋をバックに3人で自撮りで記念撮影もしました☆


今回、淡路島は初めて訪れましたが、またゆっくり来たくなる素敵な風景で
今度は温泉に行ってみたいねと話していました♪

★★★

2019年03月08日|:TWO-SOULブログ

録音とボール遊び

 

広い部屋を借りて3人でボール遊び♪
😋今回は録音もできました☆

新カバー曲 90年代「愛は勝つ」
https://2-soul.com/youtube.html
↑こちらから聴いて頂けます🍀

2019年02月27日|:LINE@タイムライン

プラトンの「饗宴」


最近、YouTube でNHKの「100分で名著」という番組を観ました。
プラトンの「饗宴」という作品を取り上げた回で
とても興味深い内容でした。


「饗宴」は約2400年前の作品で、
当時のギリシャの詩人や劇作家や哲学者たちが集まって、
酒を呑み語りあった内容が記されています。

そのパーティーの中で、ギリシャの哲学者ソクラテスは
愛(ギリシャで神様とされていたエロース)について、
このように語りました。

『エロース(愛)は人間と神の中間の存在である。
 人間は愛の手助けによって「善」「美」「永遠」といった
 イデア(理想、神の性質、物事の本質)に
 近づいて行くことができる。』


ソクラテスは「無知の知」という言葉で有名です。
その意味は『私は自らが無知であることを自覚している。
だから、知に近づきたいと願っている』ということだそうです。

そして『全ての人のあるべき姿は、自らの無知を自覚し、
善や美や永遠といったイデアに近づいていけるように、
努力をすることだ』と語っています。


愛によって、人という存在が永遠のイデアに近づくことができる
という例として、ソクラテスはこんな事も言っています。

『愛し合うことで子供が生まれる。命を受け継ぐことによって、
 限りある命を限りないこと(永遠)に近づけることができる』

『また、女性に限らず全ての人間は愛によって魂で懐妊する。
 魂が懐妊している人は、美しく気高い魂を持つ人との出会いを喜ぶ。
 その人のそばにいようと、離れていようと、
 その人のことを記憶にとどめながらはらんでいた知恵を産みつけ、
 出産をする。』
 
『例えば、芸術家は(美)を表現し作品として残そうとする。
 働く人は、その仕事を通して(善)だと思えることを行い、
 社会に貢献しようとする。
 そのようにすることで自分の肉体としての命はなくなっても
 作品や影響がこの世に残るので、自らの命を(永遠)に
 近づけることができる』


…自分達はTwo-SouLとして、同志として、夫婦として
色んなことを語り合ったりします。
お互いへの敬意(愛)があるからこそ、
自分達が良いと思うことに近づいてこれたと感じます。

これからも2人が素敵だと思えることに向かっていきたいと
改めて思いました。

兵頭大作

2019年02月27日|:Daisaku ブログ
» 続きを読む