上手くなくてもいい

脳の仕組みとして、
自分の発している言葉によって
感情が動くそうです。

明るく前向きな言葉を発していると
心が明るくなるような脳内ホルモンが
分泌されるというような話を、
何かの本で読んだことがあります。

 
それで僕には
心がけていることがあります。

不安な時は
「ツイてる、ツイてる」とか、
「大丈夫、大丈夫」って、
小声で呟くことです。

上に書いた脳の仕組みを利用して
自分の感情を
コントロールする為です。

明るい前向きな心でいた方が
良いステージができると考えての
「おまじない」のようなものです。

長年の心がけで
習慣化されているので、

何かそういうマイナス感情が
心に浮かんだときはほぼ無意識に
それができるようになっています。

素晴らしいですね…

 
さて、今トイレでうっかり、
「ツイてる」などと
一人で小声で呟いてしまいました笑

今日のホテルラウンジは
お正月なので忙しくなりそうで
それがあって
演奏前に緊張してきたからです。

ハッと我に返り
周りを見回しましたが、

誰もいなかったので、
呟きを聞かれることなく
変な奴だと思われることなく
安心しました(笑)

時々そんなことがありますね(〃▽〃)
人がいる時には
フ〜ン フフ〜ン♪と歌を口ずさんで
ごまかしたこともありました、笑
 

〜〜

演奏が終わってから
お客さんから掛けられる言葉で
嫌なことがあります。
「おぉ、上手やったで」と
ぞんざいに言われることです。

仕事でやっていますから
上手に決まっています。
敢えて言う必要がないと
分かっていながら
仰っている言葉だと思います。

上手いだけなら
誰がやってもいいんです。
例え上手いと思われなくても
感動が届くほうがいい。

 
素直に「楽しかったよ」と
言って頂けるように
気持ちをのせて
歌を届けたいと思います。

2020年1月2日